長期アクションプラン | 愛媛県サッカー協会について | アクションプラン | 愛媛県サッカー協会

		
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	

	















	

協会についてABOUT EFA

長期アクションプランⅡ 2027年〜47年

共通

  1. 協会で良質なグラウンド確保
  2. 協会で全ての公式戦グラウンド用意
  3. 協会独自のグラウンド(フットボールセンター設立)
  4. 天然芝・人工芝グラウンド現在より10面増
  5. 県下20市町に、サッカー場を整備する
  6. 県下20市町(10万人に1クラブ)にサッカーを中心にした総合スポーツクラブを作る

1種

  1. 全国大会運営の充実(天皇杯・皇后杯)
  2. マッチコミッショナーの充実(47MC・JNF MC)

2種

  1. “夢せんせい"実施回数増
  2. 二種カテゴリーの代表戦・代表合宿誘致
  3. ライセンス保持の指導者増
  4. 全国大会上位の常連化
  5. 常に2種カテゴリーからの代表に愛媛の選手を輩出
  6. 県内学校の芝生化

3種

  1. 県トレセン(3地区対抗戦)の継続 
    ・ナショナルトレセンに県内選手が10名以上は参加する
    ・エリートプログラムに県内選手が4名以上参加
  2. 愛媛県プレミアリーグU-15の継続および質の向上
  3. 部活動ガイドラインにそって、土日の連戦を避けた大会運営
  4. 各地区TC及び県TCでの指導者講習会を実施
  5. ナショナルトレセンコーチによるレクチャー
  6. 指導者ライセンス取得者の増員(A級5名以上・B級15名以上) 
  7. 地域との連携(FC今治・愛媛FCスタッフ等)

4種

  1. 全チームが月一回以上教室開催
  2. アカデミーの実施

技術

  1. 日本代表に選出される選手の育成
  2. 各種別で常時ベスト8以上

女子

  1. 大会のテレビ中継放送

シニア

  1. 新ルールに基づきシニアサッカーを構築
  2. 8人制サッカー導入、女子リーグ参 画承認
  3. 他種別競技団体シニア世代競技者との交流と組織化

フットサル

  1. 1級審判の育成 
  2. 全国大会開催(運営・審判育成)

インクルーシブ

  1. 障がい者サッカー7団体の交流

規律フェアプレー

  1. 協会からの規律部門の独立(中立性の確立)

審判

  1. Jリーグ等JFA主催公式戦を、県内出身審判員だけで行う
  2. 継続的に上級資格(サッカー1級審判、サッカー女子1級審判、フットサル1級 審判)の審判を育成する
  3. 継続的に上級資格(サッカー1級審判インストラクター、フットサル1級審判員インストラクター)を輩出する

医事

  1. 県内のサッカーに携わる人が、サッカー医学に関する知識(スポーツ外傷、障害、暑熱対策、食育など)を共用し、現場で生かせるようにする

広報

  1. 創立100周年記念誌作成に向けた資料整備

パフォーマンス

  1. フィジカルに関するパフォーマンス向上の認識共用
  2. パフォーマンス向上のスペシャリストが現場を考え、サポートし、競技力向上に貢献する

東予支部

  1. 東予地区にサッカーパーク(ピッチ10面以上)を建設する
  2. 東予地区の芝生グラウンドにナイターやクラブハウス施設を整備する

中予支部

  1. 中予圏域にホームタウン確保(皆が集える場つくり)
  2. 公式戦全会場の芝生化
  3. 管内市町連携プログラムの作成

南予支部

  1. 南予各市町競技場芝生化
  2. 南予地区総合スポーツクラブの設立