中期アクションプラン | 愛媛県サッカー協会について | アクションプラン | 愛媛県サッカー協会

		
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	
	

	















	

協会についてABOUT EFA

中期アクションプランⅡ
2021年〜26年(前期21〜23年、後期24年〜26年)

共通

  1. サポート会員制度新設(財政安定化)
  2. 県外チームの合宿誘致促進

1種

  1. 組織体制・人材の充実
  2. 加盟員へ満足感あるサービスを提供 
  3. 全国大会運営(天皇杯・皇后杯)
  4. マッチコミッショナーの育成(47MC)

2種

前期

  1. 指導者資質向上
  2. 二種カテゴリーの代表選手輩出
  3. 中高生の県外流出阻止対策(魅力ある愛媛サッカープラン検討)
  4. A級ライセンス保持者(毎年新規2人以上)

後期

  1. S級ライセンス保持者育成

3種

  1. 県トレセン(3地区対抗戦)の継続
    ・ナショナルトレセンに県内選手が7名以上は参加
    ・エリートプログラムに県内選手が2名以上は参加
  2. 愛媛県プレミアリーグU-15の継続及び質の向上
  3. 部活動ガイドラインにそって、土日の連戦を避けた大会運営
  4. 各地区トレセン及び県トレセンでの指導者講習会を実施
  5. ナショナルトレセンコーチによるレクチャー
  6. 指導者ライセンス取得者の増員(A級3名以上・B級10名以上)
  7. 地域との連携(FC今治・愛媛FCスタッフ等)

4種

  1. 稚園巡回=愛媛FCと提携
  2. 登録チームの半数で、教室を月一回開催
  3. トレセン専属スタッフ1~3名確保
  4. 指導者ライセンス保持者100%

技術

  1. カンファレンス研修会等での各種別を分析発表
  2. 指導者資質向上(講習会受講者増)
  3. 各年代代表選手輩出へ育成強化(最低1人)
  4. 国体・全種別ベスト8への強化
  5. 少年女子の国体に向けた組織改革

事業

  1. 事務局中心で、年間試合調整、運営指揮
  2. 土日以外のリーグ戦創設

女子

  1. 愛媛FCレディース以外にも、全国レベルチーム輩出
  2. 少子高齢化対策(女子指導者・経験者の出会いと交流場作り)
  3. 部活・クラブ育成

シニア

  1. クラブチームのあり方を検討し、運営方針・方向性を統一
  2. 女子、4種、3種との連携
  3. ブロック別選手権(中四国)開催
  4. クラブ選手権化
  5. 家族参加型大会開催
  6. シニア全国大会運営組織確立と運営成功
  7. 全国大会開催に伴う関係市町との連携強化
  8. マッチコミッショナーの充実・審判員の資質の向上

フットサル

  1. 中予以外での公式戦開催
  2. 女子大会(一般、U-15)参加増
  3. 公式戦のできる体育館の開拓
  4. 2級審判の育成 毎年1名以上

インクルーシブ

  1. 障がい者サッカーのすそ野の拡大

規律フェアプレー

  1. 規律の独立構想(2)(2021年度組織の構築60%、2022年度組織の構築100%)

審判

  1. 審判アカデミー卒業生からのサッカー1級審判員の誕生
  2. 女子公式戦を女子審判員で行う
  3. U-18試合をU-18審判員で行う
  4. 各市町協会に審判委員会を設置
  5. 各市町協会で講習会開催(運営)
  6. 女子1級審判員の育成
  7. フットサル1級審判員の育成

医事

  1. 指導者・トレーナーなどに、救急対応に関する知識・技術を習得してもらう

施設

  1. 南予での人工芝グラウンド増設をサポート

パフォーマンス

  1. 全体への関わりと展開
  2. 医事委員会との連携、他職種の資格保有者との連携

クラブ

  1. 県下にサッカーを中心にした総合スポーツクラブを促進する

東予支部

  1. 校区、地区を越えたチーム作りへ、支部ごとの研究促進
  2. 高齢化対策 生涯スポーツの普及浸透
  3. 市町協会との連携強化と育成
  4. ナイター施設整備

中予支部

  1. 愛媛FC観客動員とJ1昇格バックアップ体制作り
  2. キッズ・ジュニア育成指導体制の再構築で人数増
  3. ジュニア・ジュニアユーストレセン統合整備効率化・指導者育成強化
  4. 大会会場確保、芝生化の推進
  5. 組織体制の見直し、整備充実
  6. 大会運営に伴うマッチコミッショナーの育成
  7. 種別連携の強化および人材育成

南予支部

  1. 大会会場(大洲地区)確保・芝生化の推進